2016年10月14日

まさかのディラン!

キッド


僕のことを分析するのはやめてくれとか言ってたのにとっちゃった、ノーベル賞。候補とか上がってたんですか、村上さんみたいに。関心がないので知りませんがいきなりならスゴ過ぎですよね。ディランファンのアーチスト達のトークショーが見たいなぁ、拓郎さんとかみうらじゅんさんとか。では、拓郎バージョンの風に吹かれてをどうぞぅ。ちなみに写真はディランが音楽を担当し出演もしたサム・ペキンパー監督作品「ビリー・ザ・キッド 21才の生涯」のサントラアルバムです、天国の扉です。




ボブ・ディラン ノー・ディレクション・ホーム(デラックス10周年エディション)




ビリー・ザ・キッド 21才の生涯 特別版





同じカテゴリー(映画)の記事画像
涙でいいの
またまたミニオン
こんなところにミニオン
アンノン族の先駆け「青春の風」
覚悟したのに「メガシャークVSジャイアントオクトパス」
マカロニとメカニック「拳銃(コルト)は俺のパスポート」
同じカテゴリー(映画)の記事
 恋愛イジイジ系コメディやったりして (2017-12-14 00:26)
 この時期の15年って案外と激動だったんだな〜ってことですか (2017-12-13 00:44)
 靴磨きしてる靴がスニーカーというオープニングから (2017-12-12 00:46)
 オーディオコメンタリーもぜひぜひ。 (2017-12-11 00:54)
 しかし、続編をつくるつもりなのか? (2017-12-10 00:33)
 前半までは面白かった (2017-12-09 00:15)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。