2016年10月04日

ガラスの言葉




朝起きてまもなく、と言っても10時をけっこう過ぎた頃、何気にギターを取って拓郎さんの名曲「ガラスの言葉」をひきはじめたら、薬指(スリーフィンガーですが)の感覚がビミョー。これは脳か神経か寝ぼけかと慌てたが、旅の宿やある雨の日の情景イントロや花嫁になる君にや浜日傘ゆらゆらなんかはたて続けに弾けたんで脳ではないでしょう。ちょっと前はアルフィー坂崎さんの弾く花嫁になる君にと一緒に弾いて、チューニングも指も大丈夫だぁーとかやってたけど、いつのまにかYouTubeで見れなくなっちゃってた、残念。と思って、改めて探したら上がってました。こちらをどうぞ♪








同じカテゴリー(音楽)の記事画像
思い出した、虹の魚。
まさかのディラン!
ユーミンは知っていたのか!
通り雨
はっぴいえんど前後って
かっこいいジャカジャカカッティング
同じカテゴリー(音楽)の記事
 加川良さんが亡くなった。 (2017-05-14 16:46)
 さようなら世界夫人よ (2017-04-25 00:25)
 屋根の上の猫 (2017-04-23 00:36)
 ふざけるんじゃねぇよ (2017-03-21 01:03)
 旅立て女房 (2017-03-04 00:50)
 おきざりにした悲しみは (2017-02-06 16:14)

Posted by らぼまる at 18:32│Comments(0)音楽雑記
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。