2016年07月09日

グミ・チョコレート・パイン




オーケンの原作ファンで、監督が傑作コメディ「おいしい殺し方」を撮ったケラさん、どちらも音楽畑、バンド出身、そんで異質、なんで楽しみにしてたけど、これがキャストから大きく期待をハズされました。なんだか、僕が原作で魅了されたところがことごとく映画には反映されてない(笑)みたいな。やっぱ、これはオーケンの作品じゃなく、ケラリーノ監督の映画なんですわ、当たり前ですけど。でも、後半、ヒロインの山口美甘子が退学するところから面白くなるんですけどさ。それにしても、犬山イヌコさんはええ味です。(080908)




おいしい殺し方



グミ・チョコレート・パイン(グミ編) /大槻ケンヂ



グミ・チョコレート・パイン(チョコ編) /大槻ケンヂ



グミ・チョコレート・パイン(パイン編) /大槻ケンヂ





同じカテゴリー(映画備忘録)の記事画像
まさかのディラン!
またまたミニオン
こんなところにミニオン
アンノン族の先駆け「青春の風」
覚悟したのに「メガシャークVSジャイアントオクトパス」
買ってて良かった「13デイズ」
同じカテゴリー(映画備忘録)の記事
 あ、そうか、ゾンビとかゴジラとか。 (2019-01-17 15:07)
 ロシアで懐かしいiMacとeMacに会うなんて! (2019-01-15 16:15)
 ポージングが若干ムリっぽい (2019-01-14 00:25)
 薄暗い部屋にポッと火の点。流れる煙草の煙。かっこいい。 (2019-01-06 00:27)
 BGMなしが心地よい。 (2018-12-29 16:35)
 オープニングで心つかまれて。 (2018-12-26 17:06)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。