2016年03月25日

ザ・シューター




原作は数年前に面白いと聞いて読み損ねてたベストセラー小説「極大射程」。ベストセラーの映画化のわりに話題にならず、ヒットもしなかったような気が。役者陣も地味やしね。でも、それなりに面白かったです。それなりにっちゅーのが辛いところですが。きっと、活字で読んでるほうがワクワクドキドキしたことでしょ〜。この作品はそんな性格のような気がします。同じように、A.J.クィネルのベストセラー小説ジョン・クリーシーシリーズの「燃える男」を映画化した「マイ・ボディガード」もヒットせーへんかったみたいやし。デンゼル・ワシントンなのに。そういう僕も原作は大好きでしたけど、映画は観てない。なぜか観る気がしない。本で満足、みたいな。デンゼル・ワシントンのイメージやないしね。「極大射程」も「燃える男」もそんな作品やったのかな〜。ま、それもひとりひとり、違うんでしょうけどね。ところで、パトリシア コーンウェルの「検死官」シリーズは映画化されてるのかな。(080304)




BULLET CLUBラテンアメリカ半袖Tシャツ




TEAM US OPTICS スコープTシャツ 





同じカテゴリー(映画)の記事画像
まさかのディラン!
涙でいいの
またまたミニオン
こんなところにミニオン
アンノン族の先駆け「青春の風」
覚悟したのに「メガシャークVSジャイアントオクトパス」
同じカテゴリー(映画)の記事
 チャリエンとドロー(笑) (2018-01-17 00:12)
 面白かったのはタイトルだけ (2018-01-16 00:01)
 風呂敷はひろがったままで結局は (2018-01-15 00:32)
 あなたもモンブランの万年筆が欲しくなる (2018-01-14 00:11)
 こだわりの空回りもミステリー。 (2018-01-13 00:18)
 西堀栄三郎さんは面白かった。 (2018-01-12 00:16)

Posted by らぼまる at 00:54│Comments(0)映画
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。