2016年03月13日

ブリッツ




11年英エリオット・レスター監督作品。無駄のないカット、セリフ、演出がなかなかの腕前。で、このスキなし演出とカメラワークで凝縮した90分の中身が濃いのは当たり前のできばえ。終わりかたも、最初の振りを伏線にしてなかなかのハードボイルドです。エンディングの歌も新しくはないけどカッコいいっす。原作はケン・ブルーウン。そしてウィキしたら氏の著作「酔いどれに悪人なし」をず〜っと昔に読んでいたのだった。当時の感想を読むと「舞台はアイルランド。主人公は元警官の酔いどれ探偵。んで、全編、ハードボイルドなセリフが満載で、ちょっと胸焼け気味になる〜。しかも、推理小説かと思いきや、犯人探しなんて二次的要素で本格推理ではない。だから、推理小説と思って買った人はガクッとするよ、ボクみたいに。あえて言えば、アイルランドにこだわった、アイルランドに生きる酔っ払いの物語。ま、それなりに面白かったけど、作者の嗜好がわかったので2册目は買わないな。」というもの。それにしては今回の「ブリッツ」はちゃんとしてた(笑)ひょっとして映画と小説は若干テイストが違うのかな。(160301)




酔いどれに悪人なし




ハードボイルドラブTシャツ






同じカテゴリー(映画備忘録)の記事画像
まさかのディラン!
またまたミニオン
こんなところにミニオン
アンノン族の先駆け「青春の風」
覚悟したのに「メガシャークVSジャイアントオクトパス」
買ってて良かった「13デイズ」
同じカテゴリー(映画備忘録)の記事
 マルコム・マクダウェルだ〜! (2018-11-18 15:20)
 変態三重奏 (2018-11-17 14:56)
 ウィキを読んで背景を知っておこう。 (2018-11-14 16:15)
 二階堂さん、ツカミが。 (2018-11-13 14:12)
 こだわりが邪魔 (2018-11-10 14:20)
 三者三様の美しさも必見 (2018-11-05 15:54)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。