2016年02月29日

ボックス!




あまり期待してなかっただけに、その反動でめっちゃ良かった。関西らしい空気感も秀逸です。阪本監督の「どついたるねん」を彷彿と。さらに子供時代と現在が交差する時間軸の構成もめちゃ効果的で納得。ラストにさらに時は流れるってのもいいっす。俳優陣の上手さもナチュラルでさすがです。それになにより公園のUFOブロンズ像をはじめ細かいギャグと大阪下町っぽい演出がオモシロ。ハガキ職人の頃から名を馳せた百田尚樹さん原作とガッテンガッテンです。めちゃ笑って泣きました。(120621)




大阪名物 阪神名物 いか焼き【4色12枚セット・小 保冷バッグ付き】




大阪 難波 自由軒 名物カレー 5食詰め合わせセット






同じカテゴリー(映画)の記事画像
まさかのディラン!
涙でいいの
またまたミニオン
こんなところにミニオン
アンノン族の先駆け「青春の風」
覚悟したのに「メガシャークVSジャイアントオクトパス」
同じカテゴリー(映画)の記事
 チャリエンとドロー(笑) (2018-01-17 00:12)
 面白かったのはタイトルだけ (2018-01-16 00:01)
 風呂敷はひろがったままで結局は (2018-01-15 00:32)
 あなたもモンブランの万年筆が欲しくなる (2018-01-14 00:11)
 こだわりの空回りもミステリー。 (2018-01-13 00:18)
 西堀栄三郎さんは面白かった。 (2018-01-12 00:16)

Posted by らぼまる at 00:36│Comments(0)映画
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。