2015年08月25日

火花




8月8日に文藝春秋を買って、又吉さんの「火花」、昨晩読み終わりました。好きな川上弘美さんや中瀬ゆかりさんが絶賛してたけど、でも、感想は「う〜ん」なのさ。エピソードはそれぞれハッとするようなものじゃないし。共感してる人はきっと物語のその向こうの本質を読み切ってるんだと思うけど、僕はそこまで行ききれず、僕の足はこんなところで疲れた(by泉谷しげる「眠れない夜」)状態であると思われ。ただ、読みながら、頭の中では藤本義一氏の「生きいそぎの記」や「鬼の詩」が思い浮かんでたのだった。で、読み終えて本棚を探したら出てきたので撮影しました。「映像ロマンの旗手たちアメリカ編」「映像ロマンの旗手たちヨーロッパ編」もついでに。これらの文庫はお薦めです、ま、古いけどさ。


義一



鬼の詩/生きいそぎの記 藤本義一傑作選



蛇を踏む/川上弘美



黄金狂時代/泉谷しげる








同じカテゴリー(音楽)の記事画像
漢字かな時代があったのね
懐かしい対面。
細くて大丈夫か?
思い出した、虹の魚。
まさかのディラン!
ユーミンは知っていたのか!
同じカテゴリー(音楽)の記事
 なぜかこの歌が。 (2018-09-20 17:49)
 漢字かな時代があったのね (2018-07-10 16:29)
 懐かしい対面。 (2018-06-14 17:46)
 見張り塔から無責任に (2018-03-15 18:12)
 Amでなんちゃってイントロをでっちあげる (2017-11-15 18:22)
 コードもハレルヤ♪ (2017-11-14 18:28)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。