2015年08月06日

「それ、六枚のとんかつや!」久しぶりにテレビに突っ込んだ。

四国


水曜日のダウンタウンを見ていたら「日本地図 四国がオーストラリアに変わっていても意外と気付かない説」のネタ。それを見て思わず「それ、六枚のとんかつの短編推理ネタや〜!」と突っ込んでた。蘇部健一著「六枚のとんかつ」といえば、『メフィスト賞』第三回受賞作にして発刊当時は惨澹たる批評を浴びた(らしい)アホバカ・ミステリの珍作短編集(笑)僕は大好きでしたが。その中の一編のアイデアのキモがまさに四国とオーストラリアが似てることで、僕はその事実をまさにこのミステリで初めて気づかされたのだった(笑)そんな思い出もあり、ま、読みながらムカッとした話もありましたけど、このミステリはそんな本です。勇気ある人は読んでちょんまげ。



六枚のとんかつ/蘇部健一







同じカテゴリー(ドラマ&TV)の記事画像
こんなところに斉藤さん。
わっ!ドラゴンだ。
ブロンド美女が!
応答せよ!流星号
地味に実力派だったのだ。
ユーミンは知っていたのか!
同じカテゴリー(ドラマ&TV)の記事
 名探偵コジンって (2018-06-22 00:04)
 記憶が確かならば。 (2018-06-10 23:52)
 こんなところに斉藤さん。 (2018-04-13 15:47)
 そしてビットに流れ着いた (2018-02-16 18:50)
 わっ!ドラゴンだ。 (2018-01-18 10:06)
 車あるんですけど。テコ入れ効果? (2017-11-21 09:54)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。