2015年07月22日

獣の戯れ




64年作品。三島由紀夫原作。え〜、なんちゅーかピンときませんでした。っちゅーか、見てからかれこれ2週間が経って、いざ感想を書こうと思い出してみるに、なんも浮かんでこん(笑)解説には「獣になりたくない! あの人を殺さずには結ばれない! 異常な愛と理性の極限!三島文学に若尾文子が挑む野心作!」とあるけど、なんにも鮮烈に蘇らないっちゅーことはそんな作品だったのかも、僕にとっては。(150706)



獣の戯れ/三島由紀夫



同じカテゴリー(映画備忘録)の記事画像
まさかのディラン!
またまたミニオン
こんなところにミニオン
アンノン族の先駆け「青春の風」
覚悟したのに「メガシャークVSジャイアントオクトパス」
買ってて良かった「13デイズ」
同じカテゴリー(映画備忘録)の記事
 理容みくりやは健在 (2018-07-19 17:40)
 半世紀前のアムステルダムの街並。 (2018-07-19 01:19)
 ジュリエットに娘がいたとは (2018-07-17 15:05)
 ジュラシックワールドより楽しい (2018-07-14 08:30)
 テーマパークです(ワクワク) (2018-07-12 16:37)
 2ドルなら (2018-07-08 16:29)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。