2015年02月02日

喉元通れば「履物と傘の物語」

履物と傘の物語


「みんなのうた」です。歌はAKB48。ボーカルと歌詞がちょっと合ってない気もするけど。で、歌詞の世界が、アニメを見ながら聞いてると、なんだかオー・ヘンリーの「賢者の贈り物」を思い出して。でも、「賢者の贈り物」がストンと喉元を通って、心にしんみり沁みるのに比べて、こちらの「履物と傘の物語」の物語は喉元でつっかえて下りない感じ?なんか、困った感じ、謎が残る感じ。まさに腑に落ちない感じ。沁みたいのに困った(笑)もし関心を持たれたらぜひご一見を。ちなみにAKBは好きでっせ。











1ドルの価値/賢者の贈り物/オー・ヘンリー








キリンさんをモチーフにしたスリーアップLEDデスクライト










同じカテゴリー(音楽)の記事画像
思い出した、虹の魚。
まさかのディラン!
ユーミンは知っていたのか!
通り雨
はっぴいえんど前後って
かっこいいジャカジャカカッティング
同じカテゴリー(音楽)の記事
 さようなら世界夫人よ (2017-04-25 00:25)
 屋根の上の猫 (2017-04-23 00:36)
 ふざけるんじゃねぇよ (2017-03-21 01:03)
 旅立て女房 (2017-03-04 00:50)
 おきざりにした悲しみは (2017-02-06 16:14)
 裸にされた街 (2017-01-14 01:19)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。