2014年11月13日

「わかった」と「できる」の間の深くて暗い河




吉田拓郎さんの名曲「マークⅡ」の弾き語りライブバージョンの、小指の押さえかたバリエーションがほぼわかったような気がする。けど、これが、わかったから弾けるかっちゅーと大きな間違い勘違いで、そこにはセンスとかリズム感とか越すに越されぬ大井川があるといいますか(笑)Emだけでもけっこう小指、大忙しです。そこに中指とか人差し指とかがたまに加わって、Emは大騒ぎとなるわけですが(笑)ま、拓郎さんにはほど遠いっすけど、運指がだいたい理解できたおかげで、弾いてても気持ちいいっす。努力は報われなくても、浮腫むくらいにはなるでしょ〜(笑)ストローク、練習しよっ♪





Gibson J-45 ヴィンテージサンバースト










同じカテゴリー(音楽)の記事画像
漢字かな時代があったのね
懐かしい対面。
細くて大丈夫か?
思い出した、虹の魚。
まさかのディラン!
ユーミンは知っていたのか!
同じカテゴリー(音楽)の記事
 この人たちの「ワールズエンド・ダンスホール」はきっとめっちゃいい。 (2018-10-04 00:23)
 なぜかこの歌が。 (2018-09-20 17:49)
 漢字かな時代があったのね (2018-07-10 16:29)
 懐かしい対面。 (2018-06-14 17:46)
 見張り塔から無責任に (2018-03-15 18:12)
 Amでなんちゃってイントロをでっちあげる (2017-11-15 18:22)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。