2018年11月21日

銀座路地裏に蠢く秘密結社と夜の女



海野十三「地獄街道」。1933(昭和8)年「モダン日本」9月号に掲載。街道とは道じゃなくて都市に潜むベルトコンベアのような地獄へ続く流れのこと。この時代だからこその、そんな馬鹿なの発想がスゴイ(ピタゴラかよッ)。主人公は探偵と探偵小説家。さてはホームズとワトソンかと思いきやまるでその逆(笑)連続箱詰め殺人を追う舞台は、銀座裏バーの謎の酒の副作用、夜の女、横丁のユダヤ秘密結社、石炭動力のビール工場、貨物駅、それがつながると大団円。そんな無理矢理な話どないやねんからの三角関係が絡んでからのどんでん返し(この伏線と謎解きも面白い)、そして相棒救出の余韻を残して終わり。わかったのは当時の銀座は深夜0時を過ぎると人もなく静かだったらしいです。



シュトルッツル NY Bar ウィスキー グラス

  

Posted by らぼまる at 08:41Comments(0)

2018年11月19日

ネオンサインと屋根裏と路地と質屋と



海野十三「ネオン横丁殺人事件」。1931(昭和6)年「アサヒグラフ」10月号に掲載。この作品は名探偵帆村荘六が活躍する事件簿シリーズで、「本陣殺人事件」のような仕掛け重視のまともな推理(笑)小説なのです。なので、ファンタジーから入った僕にはちょっと肩透かし。仕掛けは科学的で面白かったけど、訳がわかって物足りない(笑)その流れでいうなら現代ってこの頃より息苦しくてつまんないのは当たり前だな。




  

Posted by らぼまる at 16:28Comments(0)

2018年11月17日

うつらうつら聞くとクラクラします。



海野十三「不思議なる空間断層」。1935(昭和10)年4月「ぷろふいる」初出。朗読で体験。どうしても締めの意味がわからず(うつらうつらしながら聞いてたもんで)日を変えて3度も聞いてしまった。夢で殺人を犯した友人の話を聞く物語。しかしその殺人は実はという、夢と現が交錯する登場人物二人(後半三人)の会話劇。これが誰が誰だか夢うつつだとこんがらがって繰り返し聞くハメに。でも、面白いんですよ、海野作品。意識がはっきりしている時に読んだり聞いたりしましょう(当たり前だ 笑)




  

Posted by らぼまる at 23:45Comments(0)

2018年11月12日

未来はホントに来る。



蘭郁二郎「脳波操縦士」は1938年「科学ペン」9月号に掲載。今から80年前だ。その頃からの食料不足問題の解決と暮らしの電化と医療の進化、アンドロイド美少女に芽生えた恋心と嫉妬と誤解、そして全ての消失のファンタジー。現代はこの物語にどれほど近づいたか。人間ってすごいねぇ。





  

Posted by らぼまる at 08:57Comments(0)

2018年11月09日

熊野の森とマッドサイエンティスト



蘭郁二郎氏の 「植物人間」。朗読サイトにて約45分。ちなみに「植物人間」は1940年11月号の「オール読物」に掲載された作品です。舞台は道に迷った熊野の森の、地図にもない池の端。作り話か実話かマッドサイエンティストのファンタジーな物語。もう蘭郁二郎作品を残らず読みたく(聞きたく)なってきます。1940年といえば博物学者南方熊楠が亡くなる前年。熊野の森も今よりもなお怪しく幻想的で、この物語を視覚的に刺激するオーラに溢れてたんでしょうね。面白かった。




  

Posted by らぼまる at 15:22Comments(0)泉南紀州ネタ

2018年11月07日

恐怖のドーパミン



蘭郁二郎氏の 「鉄路」。朗読サイトにて約30分。轢死が快感になるなんてそんな発想はないっすよね、普通。そして常軌を逸した嫉妬と快楽で企てた完全犯罪とそれを超える結末。こんなことを考える作家のドーパミン回路ってどうなってるんだか、コワッ。




  

Posted by らぼまる at 11:53Comments(0)

2018年11月06日

Wどんでん



海野十三氏の「三角形の恐怖」、読むんじゃなく聞きました。「じゅうぞう」と思ってたけど「じゅうざ」でした、お恥ずかしい。約40分、朗読アプリで寝ながら聞いてたんですが、ラスト、どんでん返しのどんでん返し。あ〜、そこまでひっくり返すかてなどんでんで、後からミョーな面白さがじわっと沁みるものでした。




  

Posted by らぼまる at 18:09Comments(0)

2018年09月05日

死体農場




パトリシア・コーンウェルの「検屍官」シリーズの5冊目「死体農場」(94年発刊)から24年。クレイジージャーニーの「奇界遺産」巡り、フォトグラファーの佐藤健寿さんが現地を見せてくれるとは。おまけにドローン撮影。なかなかエグいところですが小説で想像した通り理にかなってアメリカだなぁと思ったりする。四半世紀ぶりに出会えて良かったです。




  

Posted by らぼまる at 18:06Comments(0)ドラマ&TV

2018年06月22日

名探偵コジンって




フジのドラマ「名探偵コジン〜突然コマーシャルドラマ〜」って、てっきり原作が「最初に探偵が死んだ」(蒼井上鷹著/実業之日本社文庫2011年出版)だなと思ってたら、サイトに原作やら原案やらベースやらのそれらしき記述がない。ひょっとしてオリジナルなの?なんだかグラグラする〜(笑)




  

Posted by らぼまる at 00:04Comments(0)ドラマ&TV

2018年04月16日

相撲問題

相撲と女人禁制


土俵と女人禁制問題、確かこの本のどちらかで読んだ記憶があると思うのだが記憶違いかなぁ。パラパラと探しても見つからず。詳しく探す根気がないので、今はあるとしか言えない。読んだ人がいるなら、ね、あったっすよね。27年ほど昔の文庫です。



力士スマホスタンド(土俵入り)
  

Posted by らぼまる at 16:54Comments(0)

2017年07月18日

スプライト




3巻まで読んだ。面白い。全部で15巻あるらしい。




Tシャツ COKE コカ・コーラ ファンタ スプライト 6種
  

Posted by らぼまる at 01:14Comments(0)

2017年04月23日

ドラマにも高齢化の波が




大人の事情かせめぎあいか、漫画からのアニメ、そしてドラマへ一気に高齢化の波が押し寄せる(笑)漫画は読んでないけど、ホントは何歳の設定なんだ?猫丸先輩もアベサダヲさんじゃおっさんすぎて無理になってきたしなぁ。



  

Posted by らぼまる at 18:05Comments(0)シックリこんドラマ&TV

2017年02月28日

江戸川乱歩「心理試験」



新聞も文庫もとんと読まなくなったけど、久しぶりに小説を読んでます、江戸川乱歩の「心理試験」、青空文庫で。これなら字の大きさ自由自在(笑)




エドガー・アラン・ポー / 大鴉 Tシャツ

  

Posted by らぼまる at 18:04Comments(0)

2017年02月14日

思いがけず景山さん

景山


女優の清水富美加さん引退発言からの幸福の科学出家からの景山民夫さん、久しぶりの名前。もう20年になるのかぁ。コラム、好きだったなぁ。と思って、本棚を眺めてみたら手前に一冊、「普通の生活」を見つけたので載せてみました。



PBM! 仮面ライダーフォーゼ ベースステイツ




  

Posted by らぼまる at 18:40Comments(0)雑記

2016年12月09日

真実とマスコミ

「犯罪者は真実に背を向けるが、マスコミは真実をなんとも思っちゃいない。真実を語ったほうが好都合だという特別な場合を除いて、真実はマスコミになんの力も持たない。」ヘレン・ノード著「ハリウッドは鎮魂歌を奏でる」(ヴィレッジブックス・900円)の287ページにあるロックウッド刑事のセリフ。作者は、あの「ブラック・ダリア」「LAコンフィデンシャル」を書いたJ・エルロイの嫁さんです。初めて書いた作品だって。上手すぎ。ハリウッドの映画担当雑誌記者をヒロインに、ハリウッドの内幕が暴かれます。(061120)

  

Posted by らぼまる at 17:46Comments(0)名言

2016年12月04日

画報対決

絢爛豪華なお正月号の画報対決。なんの画報って?もち、家庭画報と婦人画報っす。アプリの「雑誌ONLINE」でチラ見した印象では、やっぱ婦人画報がちょいキョドってるような(笑)でも、わが家にはどちらも無縁ですけど。

  

Posted by らぼまる at 09:20Comments(0)

2016年12月02日

面白き二個の広告

青空文庫で読める堺利彦氏のコラムです。面白いのでぜひ。ボクのiPod touchのアプリ設定で12ページの短いコラムなので空いた時間にでも。


  

Posted by らぼまる at 00:38Comments(0)

2016年07月09日

グミ・チョコレート・パイン




オーケンの原作ファンで、監督が傑作コメディ「おいしい殺し方」を撮ったケラさん、どちらも音楽畑、バンド出身、そんで異質、なんで楽しみにしてたけど、これがキャストから大きく期待をハズされました。なんだか、僕が原作で魅了されたところがことごとく映画には反映されてない(笑)みたいな。やっぱ、これはオーケンの作品じゃなく、ケラリーノ監督の映画なんですわ、当たり前ですけど。でも、後半、ヒロインの山口美甘子が退学するところから面白くなるんですけどさ。それにしても、犬山イヌコさんはええ味です。(080908)




おいしい殺し方



グミ・チョコレート・パイン(グミ編) /大槻ケンヂ



グミ・チョコレート・パイン(チョコ編) /大槻ケンヂ



グミ・チョコレート・パイン(パイン編) /大槻ケンヂ



  

Posted by らぼまる at 00:53Comments(0)

2016年07月03日

キター(死語?)音道刑事!



モヤさまの途中CMで、乃南アサ氏の音道貴子ドラマが再び。思えば「凍える牙」のドラマは何年前だったろう。音道シリーズには人物描写もストーリーも最強に面白い短篇が満載!連ドラを熱望します。





















  

Posted by らぼまる at 21:11Comments(0)ドラマ&TV

2016年06月27日

検死官は何処へ

ふと思った、思い出した。パトリシアコーンウェルの「検死官」シリーズは完結したんだろうか?スカーペッタはいくつになったんだろうか?完結と言えば「新宿鮫」シリーズも完結したのか?鮫島は暗闘の結果どうなった?


  

Posted by らぼまる at 11:35Comments(0)質問箱

2016年03月25日

ザ・シューター




原作は数年前に面白いと聞いて読み損ねてたベストセラー小説「極大射程」。ベストセラーの映画化のわりに話題にならず、ヒットもしなかったような気が。役者陣も地味やしね。でも、それなりに面白かったです。それなりにっちゅーのが辛いところですが。きっと、活字で読んでるほうがワクワクドキドキしたことでしょ〜。この作品はそんな性格のような気がします。同じように、A.J.クィネルのベストセラー小説ジョン・クリーシーシリーズの「燃える男」を映画化した「マイ・ボディガード」もヒットせーへんかったみたいやし。デンゼル・ワシントンなのに。そういう僕も原作は大好きでしたけど、映画は観てない。なぜか観る気がしない。本で満足、みたいな。デンゼル・ワシントンのイメージやないしね。「極大射程」も「燃える男」もそんな作品やったのかな〜。ま、それもひとりひとり、違うんでしょうけどね。ところで、パトリシア コーンウェルの「検死官」シリーズは映画化されてるのかな。(080304)




BULLET CLUBラテンアメリカ半袖Tシャツ




TEAM US OPTICS スコープTシャツ 



  

Posted by らぼまる at 00:54Comments(0)

2016年03月24日

熊野の悲劇




朝日新聞朝刊の新潮社SINRAの広告。ハーンの出雲と司馬の伊勢に続いて中上健次の熊野(熊楠でもいいけど)とかにならないのが現状の熊野の非力と悲劇だ。




備長炭のシーズー





  

Posted by らぼまる at 21:29Comments(0)質問箱泉南紀州ネタ

2016年03月24日

受難




喋る人面アソコになっちゃった修道女フランチェス子のお話。まさにワンアイデアで勝負するイチかバチかの映画かと思ってたら原作が姫野カオルコ氏だと。姫野作品は読んだことないですけど、まさか映画で姫野作品と出会ってしまうとは!こんなん書く人やったのかぁ。双子のひとりが母親のお腹の中で死産(?)して、無事に生まれた兄弟姉妹に吸収され、将来にその子の身体の痣となって現れる人面瘡の話を横溝作品(たぶん)で読んだ記憶がありますが、まさか人面アソコとは(笑)園子温監督作品「愛のむきだし」の光島ひかりさんのような仕上がり(作品には光島さんの将来の演技パターンがすべて入ってたような気がする)だったのなら岩佐真悠子さん(NHK連続テレビ小説「ウェルかめ」以来っす)もインパクト炸裂だったろうに。人面アソコなわりに、いい子ちゃんの映画で、岩佐さんもせっかく脱いだのにマジ、ホンマに不発で惜しかったです。(140613)




ル・パン・ブール カフェでこだわりの職人がこだわりの食材を使ったとっておきの人気パン詰合せ(冷凍)




金谷ホテルベーカリー 冷凍ロールパンセット




  

Posted by らぼまる at 01:21Comments(0)

2016年03月13日

ブリッツ




11年英エリオット・レスター監督作品。無駄のないカット、セリフ、演出がなかなかの腕前。で、このスキなし演出とカメラワークで凝縮した90分の中身が濃いのは当たり前のできばえ。終わりかたも、最初の振りを伏線にしてなかなかのハードボイルドです。エンディングの歌も新しくはないけどカッコいいっす。原作はケン・ブルーウン。そしてウィキしたら氏の著作「酔いどれに悪人なし」をず〜っと昔に読んでいたのだった。当時の感想を読むと「舞台はアイルランド。主人公は元警官の酔いどれ探偵。んで、全編、ハードボイルドなセリフが満載で、ちょっと胸焼け気味になる〜。しかも、推理小説かと思いきや、犯人探しなんて二次的要素で本格推理ではない。だから、推理小説と思って買った人はガクッとするよ、ボクみたいに。あえて言えば、アイルランドにこだわった、アイルランドに生きる酔っ払いの物語。ま、それなりに面白かったけど、作者の嗜好がわかったので2册目は買わないな。」というもの。それにしては今回の「ブリッツ」はちゃんとしてた(笑)ひょっとして映画と小説は若干テイストが違うのかな。(160301)




酔いどれに悪人なし




ハードボイルドラブTシャツ




  

Posted by らぼまる at 01:02Comments(0)

2016年03月01日

怪しの館




最近、国枝史郎氏の作品が面白い。といっても一作しか読んでないっすけど。青空文庫にはたくさんの蔵書があって、まずは探偵小説からぼちぼち読もうかとも。かれこれ一世紀前の作品なのに、いまどきじゃなく文章がイキイキして面白いでっせ!




国枝史郎伝奇短篇小説集成(第1巻(大正10年〜昭和2年))




  

Posted by らぼまる at 17:45Comments(0)

2016年02月29日

ボックス!




あまり期待してなかっただけに、その反動でめっちゃ良かった。関西らしい空気感も秀逸です。阪本監督の「どついたるねん」を彷彿と。さらに子供時代と現在が交差する時間軸の構成もめちゃ効果的で納得。ラストにさらに時は流れるってのもいいっす。俳優陣の上手さもナチュラルでさすがです。それになにより公園のUFOブロンズ像をはじめ細かいギャグと大阪下町っぽい演出がオモシロ。ハガキ職人の頃から名を馳せた百田尚樹さん原作とガッテンガッテンです。めちゃ笑って泣きました。(120621)




大阪名物 阪神名物 いか焼き【4色12枚セット・小 保冷バッグ付き】




大阪 難波 自由軒 名物カレー 5食詰め合わせセット




  

Posted by らぼまる at 00:36Comments(0)

2016年02月23日

橋本治さん

週刊誌の新聞広告で橋本治さんが闘病中だと初めて知った。そしてパンタのアルバム「KISS」収録の「悲しみよようこそ」の作詞をしてたことも。このアルバムではもう一曲「恋のクレセント・ムーン」も作詞してたなんて。アルバム持ってるのに、気づかなかったなんて。自分のアバウトさにボーゼン(呆)




KISS/PANTA




ピンク・ヒップ・ガール 桃尻娘






  

Posted by らぼまる at 17:19Comments(0)音楽

2015年12月10日

机上プロvs実体験。


三ッ谷電機 焼き鳥器 屋台横丁 網 タコ焼きプレート付き


「5時に夢中」で紹介してた話題。広告代理店の38歳の人が本にした世代分析がビミョ〜にズレていてピンとこん(笑)スタジオでの美保さんや江原さんもしっくりきてないようで、そんな空気の中、お二人が言い放ったコメントのほうがピッタリしっくりきて、思わず苦笑い。机上の人と生きた人の違いっすかね〜。にしてもゴジムの江原さんは面白い。最近、立ち飲みと焼鳥店の木の椅子が疲れるっちゅー美保さんあるあるも面白すぎ!



立ち飲みにもカウンターテーブル







  

Posted by らぼまる at 01:43Comments(0)シックリこんドラマ&TV

2015年11月17日

永遠の餃子とラーメン。

餃子とラーメン

ワイドナショーのラストでめっちゃ盛り上がったニュース、餃子とラーメン頼んだらまずは餃子が先やろの件。え〜っ!今頃〜っ!ですわ。かつて深夜ラジオ「誠のサイキック青年団」で、北野誠さんと竹内義和さんが餃子とラーメンについて熱く語っていたことを思い出した。最初に餃子とビールで一杯やりたいのに、そこにラーメンが出てくるってみたいな(笑)ほとんどの店がラーメンが先かふたつ同時かみたいな。餃子を先にちょうだいと言っても結果は効果ないらしいし。もちろん、僕も優先権が大事派で、餃子が先派っすけど。まさか、その話題が10年ちかく(以上か)経った今でも、さらに熱く燃え盛るとは。これほど客が思ってるのに、なぜに店のオヤジにはいつまで経ってもその切なる想いが伝わらないのか、そっちのほうも不思議っすけどね(合掌)





【餃子ラーメンお試しセット】テンホウ食い倒れセット




北野誠×竹内義和“濃い口”トークラジオ






  

Posted by らぼまる at 14:25Comments(0)縁側プレゼンこのフレーズ

2015年11月10日

かぞくのくに




12年ヤン・ヨンヒ監督作品。見ながら、シーンの電柱の住所とかをヒントにストリートビューでロケ地探し(笑)わかりました!千住龍田町15。家族が営む喫茶店と家。ちょっと感動〜。で、お話。在日コリアンの両親と兄妹の家族で、72年に中学生の兄だけが北朝鮮に移住し、97年に病気治療で帰国してくる話。兄が妹にスパイの道へ誘うシーン。けっこうな衝撃でした。そして、なにげない日常の町の風景がいいのです。そしてこんな当たり前の街並の中に、この家族も友人も暮らしてるんだと。思い出したのは阪本監督の「KT」、そして五條瑛氏の一連の小説。ちょっと物足りない感じもしたけど、そのあたりのモヤモヤ感がいいのかもしれませんなぁ。(151107)



KT



プラチナ・ビーズ/五條瑛



スリーウェイ・ワルツ/五條瑛



スリー・アゲーツ/五條瑛



夢の中の魚(さかな)/五條瑛





  

Posted by らぼまる at 18:02Comments(0)